聖徳大学幼児教育専門学校

セイトク日記

卒業生からの便り~ステキエピソード12~

こんにちは

学生サポートセンターです。

新しい年号、「令和」が発表され

昨日も今日も、この話題で持ちきりですが・・・

三田のセイトクは、「卒業生ステキエピソード」な話題をお伝えします♪

これまでのエピソード

卒業生からの便り~ステキエピソード1~勤続の話

卒業生からの便り~ステキエピソード2~教え子の話

卒業生からの便り~ステキエピソード3~現場から離れて・・・

卒業生からの便り~ステキエピソード4~教え子からのメール

卒業生からの便り~ステキエピソード5~教え子の成人

卒業生からの便り~ステキエピソード6~娘の決意表明

卒業生からの便り~ステキエピソード7~成長の姿というご褒美

卒業生からの便り~ステキエピソード8~幸せ発見~

卒業生からの便り~ステキエピソード9~仲良くチームワーク

卒業生からの便り~ステキエピソード10~地元ばんざい

卒業生からの便り~ステキエピソード11~勤続の話Part2~

 

語り合っているので(笑)
少々長いです!

2018.11 和の精神

【聖徳っ子さん】

ご無沙汰してます。
ホームページへの掲載、お恥ずかしいというか申し訳ないというか。
ステキな先生に想像してしまう?笑

失敗も山のようにあります。むしろ失敗の方が多いかもしれません。

保育園の配属時、保護者に大きな声で怒られたことだってある。
初クラスリーダーの年、職員間がうまくまとめられず身も心もボロボロになりかけたことも。
↑全く痩せなかったけど

ステキエピソードを語れるようなステキな先生とは遠いかもしれませんね♪

それでも、ここまで仕事を続けてこられたのは、やはり周囲に支えてもらえたからですね。
そうそう!娘が学校でうまくいかなかった時、
『仕事どころじゃありません!もう仕事に来てる場合じゃないんです!』と、
園長先生に泣きついたこともありました。

過去を振り返ると、自分がいやになるくらいダメダメです

周りの環境に恵まれてきたなぁ~って改めて思います。

これぞ『和の精神』ですか!?ね!?

今回もとりとめもなく書きました!

ありがとうございました☆

【なかの】

ホームページのステキエピソード、申し訳ないなんて思わないで!!
学園内での評判、とてもいいよ☆

そりゃね、ステキな事ばかりじゃないよね。
でも、私に教えてくれたエピソードの出来事を、自分の宝物にできている聖徳っ子さんは、
やっぱりステキなんだと思う。
こんなこと言うとまた謙遜しちゃうかな(笑)

挫折や失敗を繰り返し経験している人は、
人の痛みや悲しみ、辛さをわかってあげられる人だと思ってるの。
そのぶん、人との喜びも、自分の事のように喜べるのも、やっぱり挫折や失敗を知っている人。
周りの人達に感謝出来ることも。

「和の精神」宿ってるね~♪

こないだのステキエピソードをFBにアップした日、
ある卒業生からメッセージもらったんだよ。
仕事に追われて、ふとFacebookみたら、
母校が出てきて懐かしさのあまりメッセージしましたって。
たぶん私達よりずっと先輩の方。
ホントに今はこうやってホームページやSNSで遠くにいる卒業生とも繋がれるのってすごく嬉しい。
卒業生のエピソードに、卒業生が元気付けられるっていいことだなって思った今日この頃だから、
そんなに恐縮しないで、これからも何かあったら堂々と自慢して♪

いつも連絡ありがとう!

私も元気付けられている1人なんです☆

【聖徳っ子さん】

お返事ありがとうございます!!

お返事のコメントが心にしみて泣きそうです笑

現在、子育て支援メインのお仕事。
『安心して!』ってママたちに声をかけていますが、
今日は逆に言ってもらった感じ♪

卒業生支援ありがとうございます!

ここで子育て支援エピソードです。

毎日40組近い親子と向き合う中で、子育ての悩みは様々です。
ママたちは一生懸命でとにかく真面目!

『何歳何ヵ月になったら自制心ができあがりますか?』
『子どもの睡眠時間は何時間何分ですか?』
『先生!うちの子叱ってみてもらっていいですか?』
『どうやって子どもと向き合えばいいのかわからないんだけど』
なんていう質問がバンバン入ってきます。発信できずに泣き崩れるママだっています。

先日そんな真面目な赤ちゃんのママたち(10組くらい)に、絵本を1冊読みました。
ママに向けて読みました。そしたら収集がつかなくなるんじゃ!?と思うほどに泣くママ数名。

『命の恩人です』って感想には驚きました!←良からぬことを考えるようなママじゃないですよ笑

自分の発信が誰かの元気になる。
子育てが楽しくなる。
子どもが笑顔になる。
親も子も優しくなれる。

まぁーーー、なんてステキなお仕事☆と改めて感じた瞬間でした。

慎重に関わらなくてはいけないケースもあるし、
相手の本心を探ることに難しさを感じることも多々ありますが、
関わった親子が笑顔になるあの瞬間がたまらなく好きです♪

また熱く語ってしまった!

今日は1日お休みで、午前中は美容室へ☆リフレッシュしてきまーす!

午後は娘の個人面談で祈願重かったりするんですが・・・

お邪魔しました!

【なかの】

子育て支援って、未知の世界だなぁ。

でも、初めてのお子さんとかだとやっぱり不安もあるだろうし、
私達みたいに保育を学んでいないと、お母さんこそ未知の世界なんだろうね。

何で泣いてるの?
何で言うこと聞いてくれないの?
こういうときどうするの?
この現象はなに?!
何で、何で?なんで?どうして?!
一人でいきづまって・・・

そんなときに、ちょっとした事でもアドバイスくれて、
こんな些細なことだったんだ!
こうすればいいんだ!って気づけて「先生神!」って思うだろうな^^

自分の子どもに絵本を読むのも一対一、
それを何人もの子どもの前で読んで、しかもあんなに目を輝かせてる☆
あんなに読み方が上手・・・

保育士からしてみれば普通の事、日常茶飯事の読み聞かせだとしても、
不安をたくさん抱えてるお母さんからしてみれば、
一点の兆しが見えただけで救われているんだと思う。

たまにね、就職活動をしている学生が、法人採用で、
幼稚園、保育園、こども園、学童、子育て支援センターのどこに配属されるかわからなくて、

「子育て支援センターに配属されたらどうしよう。。子育て支援なんてできない・・・」って
不安に思う学生がいるの。当たり前なの。私だってそう思う。

そんな時、「新卒から子育て支援センターに配属はないと思うよ」なんて言ってあげるけど、
私が配属する訳じゃないから絶対とは言えない。
結局その子はこども園に配属になったんだけど、もっと保育を学んだという事に自信を持ってもいいのかもね。

もちろん、聖徳っ子さんみたいに保育士経験を経て、
自分の子どもを育てた経験があるからこその支援って、
言葉一つ一つがリアルな言葉だから絶大だけど、
法人が新卒を子育て支援センターに配属して、はじめから多くは求めないはず。
先輩と一緒に学ばせるだろうし、子どもの事を学んだこともないお母さんからしてみれば、
保育を学んでいるだけでぜんぜん違うんだと思う。

なんだかとりとめない話になっちゃったけど・・・
うん、聖徳っ子さんの話を聞いて私も勉強になりました(^-^)
「慎重に関わらなくてはいけない。相手の本心を探ることの難しさ」は
私も学生のサポートに対しては感じてる!共感♪

就職に関しては、人生を変えちゃうこともあると思いながら、
厳しいことを言いながらも慎重にサポートしてるつもり。
これからもその気持ちを忘れないようにサポートします!
勉強になりました♪ありがとう☆

保育士はお母さんの味方。
これからも不安に思うお母さん、お父さんたちを、子どものためにも、
親御さんのためにもサポートしてあげて!!

リフレッシュって大事だよねー(^^)常に思う。

娘さんの個人面談、どうだったかな?

【聖徳っ子さん】

絵本はお母さん向けの1冊をセレクトしました。
『ママ』というタイトルの絵本。

初めてママになり子育てに一生懸命な方に読むと100%泣きます笑

ママやパパ向けの絵本が結構出版されていて、結構もってます^^

明日は文化祭(にこにこまつり)でしたね。
イベント前で忙しかったのでは。。。スミマセン(><)

娘。よく言えば目標に突き進むタイプ。悪くいうと頑固(^_^;)

学力が届いてないんだけど行きたい高校があって。
周りの大人がなんと言おうと、譲らない!

目標に向う!!と言ってるので見守ります☆

*******************

様々な経験をした聖徳っ子さん、
保育士として子育て支援センターに配属された聖徳っ子さん
「保育所」のクラス担任から外れたとき、たしか「事件です!現場から離れちゃう・・」って
嘆いてたんですが、全部読みました?

「まぁーーー、なんてステキなお仕事☆と改めて感じた瞬間でした」ですって!

まあ、もういい歳(笑)ですが、
それぞれの現場で前向きにお仕事しているから、
どこに行ってもキラキラ輝いていけるんです。
聖徳っ子さんみたいな人はどこに行っても大丈夫だし、
成長ができると思います。

それは、このステキエピソードをくれる聖徳っ子さんに限らず、
全国の聖徳っ子さんたちに言える事。

聖徳の卒業生は、和の精神を心に宿すステキな保育者だと思います!

実は、この後すぐくらいに、聖徳っ子さん久々に学校に顔を出してくれたんです!!!
「近くに来たから寄ってみました」って!

嬉しかったなぁ

さて、12回に分けてお伝えしてきた「卒業生ステキエピソード」ですが、
今回で一旦お休みとしますね。

またたくさんのエピソードが集まったころ、
お伝えできることを楽しみに☆

学校配信のSNSをフォローして
学校の最新情報をチェック!