聖徳大学幼児教育専門学校

学び・資格

保育科第2部 (夜間部・3年制) 子どもたちのそばで働く(保育助手)

子どもたちのそばで働く ~保育助手斡旋制度~

本校では、保育科第2部(夜間部)に通う学生へ、保育助手の仕事を紹介しています。働きながら通う2部生にとっては、早くから保育の仕事が経験できる絶好の機会です。また、保育助手をするということは、毎日実習を行っているのと同じ。そのため、即戦力の「せんせい」として期待されることが多く、就職にも有利です。

保育助手とは?

仕事内容は、保育所や幼稚園で働く先生の補助や送迎バスの乗車など、さまざまです。お遊戯や食事の準備をお手伝いしながら、子どもたちと一緒に遊んだり、歌ったりすることも。保育現場を肌で感じながら、成長できます。

斡旋先について

本業の勉強に支障が出ないように、できるだけセイトクへの通学に便利な保育所や幼稚園から紹介しています。これまで学生に紹介した園も、自宅の近くやセイトクまで通う沿線上などが中心です。

保育助手をしている学生の1日(例)

“働きながら学ぶ” 第2部の学生は、どんな毎日を過ごしているのでしょうか。幼稚園にご協力いただき、第2部学生のある一日を追いかけてみました。

7:30出勤
登園したら保育着に着替えて園児を迎え入れる準備。一日の流れを再確認します。
8:10バスでお出迎え
バスに乗車し、「おはようございます」と明るく元気に園児たちを迎えます。
8:10~10:00自由遊び
10:00保育
製作やお歌、お遊戯、英会話など室内で保育します。また、外遊びでは子どもたちを見守りながら元気いっぱい遊びます。クラス全体がスムーズに運営されるように、担任の先生のお手伝いをしながら指導方法を学びます。
12:00昼食
楽しく一緒に食べましょう!
13:05降園
子どもたちの着替えを手伝ったり、持ち帰りのチェックをしたり。
今日もたくさんあそんだね。またあしたもあそぼうね。
14:00掃除
15:00保育準備
今日一日あったことを振り返り、反省します。そして次の日の保育の準備。
16:00勤務終了
幼稚園での1日が終了。同じ夢を持つ仲間がいる学校へ向かいます。
18:00~21:05学校にて授業
幼稚園で学んだことを思い出し、授業に取り組みます。授業を受けていると、今日一日の保育がよみがえります。
22:00帰宅

学校配信のSNSをフォローして
学校の最新情報をチェック!